保証人の代わりに保証会社 | 安定して収入を得たいなら賃貸経営のことを考えよう

安定して収入を得たいなら賃貸経営のことを考えよう

不動産

保証人の代わりに保証会社

保証会社を入れるメリット

握手

賃貸借契約など何かを借りる契約においては、保証人を用意することが求められるのが一般的です。しかし、核家族化や雇用の多様化によって現代においては、信用に足りる保証人を用意することが難しくなっています。このため保証人を見つけることが賃貸借契約を結ぶ上での最大の障壁になります。一方で、これらの問題を解決するための方法として家賃債務保証があります。家賃債務保証は、保証会社に保証料を支払うことで保証人となってもらうもので、仮に家賃の支払いを滞納した場合には代位弁済をしてくれるというものです。メリットとしては、契約者は保証人を見つける手間を減らすことができますし、貸す側にとっても確実に家賃の代位弁済を受けることができるといったことがあります。

工夫するポイント

家賃債務保証は部屋を貸す側にとっては、確実な代位弁済を受けられるメリットがありますし、また同時に金銭的な信用力の審査も保証会社が行ってくれるので、滞納リスクのある入居者を極力排除できるといった効果もあります。一方で借りる側にとっては、保証料を支払わなければならず、またあくまでも代位弁済ですので滞納した家賃は保証会社に返済しなければいけません。家賃債務保証はこれといった相場が決まっていないため保証会社によっても保証料が変わってるため注意が必要です。安いところでは家賃の1ヶ月から2ヶ月程度で1年間保証してくれるケースもありますし、高いところでは家賃と同等の金額を毎月支払わなければいけないこともあります。このため保証料が高い場合には負担が大きくなり、家賃滞納の原因になるリスクがあります。