空き室があっても家賃収入 | 安定して収入を得たいなら賃貸経営のことを考えよう

安定して収入を得たいなら賃貸経営のことを考えよう

不動産

空き室があっても家賃収入

グラフ

不動産オーナーが賃貸アパート又は賃貸マンションを経営する際には、借主の募集や家賃回収、借主又は近隣住民によるクレーム処理など全て自己の方で行うということはとても労力がいります。また借主を募集しても空き室が出てしまうこともありますので、空き室の間は家賃収入が見込めません。そこで不動産会社に自己の賃貸アパート又は賃貸マンションの建物を一括借り上げしてもらって、代わりに運営してもらいます。その代わりに不動産オーナーは、不動産会社から毎月安定した家賃収入を受け取ることができます。この契約方法を一括借り上げ契約と言います。別名、サブリース契約と呼ぶこともあります。この契約方法ならばたとえ空き室があったとしても、事前に契約した一定額を不動産オーナーは家賃保証として受け取れます。

一括借り上げ契約には、為になる情報があります。まずは一括借り上げ契約では家賃保証がありますので、不動産オーナーは毎月家賃収入が入らないといったことから解放されることです。通常不動産オーナーが自己所有の賃貸アパート又は賃貸マンションを経営して、そして空き室が数室ある状態が何ヵ月も続いてしまうとその空き室分の収入が減りますが、一括借り上げ契約を結んでおけば空き室があっても毎月安定した収入を得ることができます。一括借り上げ契約というのは、不動産オーナーとして魅力ある契約方法となっています。また、空き室だけでなく借主が家賃を滞納するケースもあります。そうした場合でも一括借り上げ契約を結んだ不動産会社の方で全て代行してくれますので、毎月一定額の家賃保証はしてもらえます。