安定して収入を得たいなら賃貸経営のことを考えよう

不動産

保証人の代わりに保証会社

握手

部屋を借りるさいにネックとなるのが保証人の存在です。保証人を用意しなければ部屋を借りることが事実上不可能であり、この保証人を見つけることが最大の障壁ともいえます。これらの問題を回避するため家賃債務保証と呼ばれるものがあります。これは保証会社に保証料を支払うことで保証人になってもらう仕組みです。

» 詳細へ

不動産投資のパターン

貯金箱

アパート経営の失敗の事例として、空室が出やすい物件を購入してしまったと言うことがあります。空室になりにくい物件を見つけるには自分で勉強をする他に、不動産コンサルティングを行っている会社を活用することも挙げられます。

» 詳細へ

有効な資産活用とは

定期的な収入が得られます

アパート

日本における経済環境の悪化傾向はこれからも続いていくことでしょう。バブル景気の崩壊から続いている、不況の状況はそう簡単には脱却することは困難だからです。また日本国内の情勢ですが少子化や高齢化が着実に進行しています。これに対する有効な対策も取られていません。そのために働く現役世代の減少から、経済活動が低下することが懸念されていますし、年金制度や医療制度などの社会保障制度も不安視されています。こんな状況においては、自身のことは自分たちでなんとかしようという気運が若い世代において顕著になってきています。そのひとつが土地や資産などを活用することにより、定期的な収入を得ることです。個人や事業主さんなどに土地や建物を貸し出すことで、賃貸経営を行うサラリーマンなどが増えてきているそうです。企業などに勤めながら賃貸経営を行う、サラリーマン大家と呼ばれる人たちが増えてきています。

低リスクで収入が得られます

賃貸経営が注目されているのは、やはり理由があります。それは低リスクでのサイドビジネスとなることです。株取引や先物取引などに関しましては、大きな収入を得られる可能性がある反面、大きな損失を被ってしまう可能性も高くあります。ハイリスク・ハイリターンの代表的なサイドビジネスと言えます。それに対しまして賃貸経営はローリスク・ローリターンのサイドビジネスと言えることでしょう。大きな収入を得ることは困難です。ですが安定した家賃収入を毎月、得ることができます。ですので計画的な展開が出来ます。また家賃収入を土地や建物の購入資金の返済などに充てることもできます。安定したサイドビジネスとして注目を集めていますし、これからも伸びていくことでしょう。

関連サイト

  • 賃貸経営まるわかりガイド

    賃貸経営をしたいと考えているならサイトを確かめておきませんか?空室対策や物件を貸すまでの流れを知ることができます。

空き室があっても家賃収入

グラフ

不動産オーナーが空き室リスクや借主の家賃滞納などのリスクに悩まず家賃収入を毎月確保するには、一括借り上げ契約を不動産会社と結ぶことであります。一括借り上げ契約は家賃保証がありますので、不動産オーナーにとっては魅力のある契約方法です。

» 詳細へ